個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-08-29 (Fri)
カコさん預かりのスーさんが旅立ちました。
カコさん家の○○スーとして旅立ちました。。。
苗字が出来て、大事に大事にお世話をしてくれたカコさんの子になれて良かったね。

今日、お見送りをしてきました。
可愛かったぁー。
穏やかなお顔をしていました。
スーさん2

スーさん1
こんなに綺麗なお花に囲まれて逝きました。
おやつもいっぱい!
食いしん坊のスーさんだからね。
天国で、先に逝ったみんなと分けて食べてね。
最後に、『いっぱい頑張ったね、今までご苦労様、もう苦しいことは無いからね、痛いこともないからね、これからは走り回って遊べるね、美味しいご飯もいっぱい食べられるよ、先に逝ったみんなによろしくね』と、もっともっといろいろ話したかったけど、言葉が見つからなかった。。。


初めてスーさんの写真を見たのは
スーさん3

スーさん4
涙が出てきました。
老犬で、足腰も立たない、首も上げられない状態でした。。。

でも、ちゃんとお手入れをしてもらえたら、
スーさん5
こんなに可愛くなったのよね。
やっぱり、優しい人の手の力は凄い!

日々を増すごとに、老犬特有の症状が出てきました。
夜鳴き・徘徊、カコさんはこの時が一番大変だったと思います。
徘徊が酷くてパットから血がでたりして・・・。
夜鳴きが酷くて眠れない日々が続いていました。
私はご苦労様としか言えないくて、何もしてあげられませんでした。
それも数ヵ月後には寝たきりになって。

最後まで食欲は落ちなかったそうです。
ホントに最後の最後の朝に食べが悪いかな~程度だったそうです。
夜、カコさんの仕事が終わるのを待って旅立ったそうです。
親孝行だね。
ちゃんとお別れを言って逝ったんだね。

スーさんはスーちゃんじゃないんです、スーさんなんです。
なぜか皆さん、スーちゃんじゃなくて敬意を表してスーさんって呼んでいました。
スーさん、安らかに・・・。


そして、静かに亡くなった優夏ちゃん。
優夏ちゃんの引き出し当時のことは、搬送の小梅さんのブログで・・・
http://black.ap.teacup.com/applet/koume/20080710/archive
里親さんになってくれた当会のスタッフさん、ありがとうございます。
『優夏ちゃん』として再出発でした。
優夏ちゃんの最後の夏は優しかったかな?
優夏
こんなに可愛い素敵な笑顔なのだから、幸せだったよね。
ヤセッポッチだけど、心がとっても温かいママの家で過ごせた夏は幸せだったよね。
優夏ちゃん、安らかに・・・。

なんで、病気で長く生きられない子をセンターへ持ち込むかな?
最後を見たくないから?
病気でお金が掛かるか?
それって、飼い主として人間として失格でしょう。

一緒に居た日々は楽しくなかったの?
癒されてはいなかったの?
最後は敬意をもって接してあげてよ。
家族の一員として最後を看取ってよ。
私の周りの犬友達さんたちは、『信じられない・・・』と言います。
でも現実に多いです。
動物をそんな風に扱う人間は、人生の最後に子供に同じ事されるよ。


人間も動物も、歳を取ると可愛くなるんですよね~。
赤ちゃんがえりをすると言いますが、赤ちゃんとは違うなんとも言えない可愛さがあります。
我が家の幸太もうさぎのころんも、とってもとっても可愛いです。
愛おしくてしかたありません。
一緒に居られる日があと何年居られるかわかりませんが、一日一日を大事に過ごしていきたいです。
* Category : しあわせ
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

スーさん * by えみこ
スーさんの件はブンママさんのブログで知りました。
昨年CATNAPさんの里親募集犬のページで見て気になっていたんです。
とても辛い道を歩いてきたのだと思いますが、CATNAPさんに助けてもらってからは多くの方々の暖かさに触れて幸せを感じてもらえたのではないでしょうか?
カコさんの家のワンコになって、安心して天国に旅立てたのでしょうね。

センターの子達は冷たいコンクリートの中で苦しんで最後を迎えるのですよね・・・
可愛い夏鈴ちゃんも、CATNAPさんの目に留まらなかったらどうなっていたかと思うと・・・
1匹でもそういう子を亡くすために、本当に私たち人間は考えなければいけないですね。

>えみこさん * by 空ママ
スーさんの気に掛けてくださってありがとうございます。
スーさんは、穏やかのお顔で旅立ちました。
スーさんの一生は辛い事ばかりだったと思います。
でも、最後の1年はカコさん家で穏やかに暮らせたので、幸せを感じて亡くなったと思います。

センターなんて必要ない時代が来ることを願って、活動していけたら思っています。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。